教会HP制作・オンライン献金導入・礼拝動画にお困りの場合は(8/4)

頭が良くなる飲み物、それは水。

スポンサーリンク

こんにちは、LampMateです。

私たちは仕事をしながら副業(?)として限られたスケジュールの中でいろいろなコンテンツを作っている野良犬のようなチームなのですが、

限られたリソースと時間の中で効率よく頑張らんといけない日々が続いているので「集中力が上がる」「記憶力が良くなる」という話は片っ端から試しています。そして最近のベストヒットが「水を飲む」です。

水を飲むと頭がよくなる理由

メンタリストDaigo氏がニコニコ生放送で話していたのを聞いて、とくにデメリットがないので信用して取り入れています。

脳は水分をたくさん含んでいるので水分不足だと十分に機能しないんだとか。

なんでも飲んで20分後くらいから記憶力UPするという傾向が見られたそうです。「一口に含む」だけでも効果があるんだとか。

実験のソースは上記動画を観ればわかります。

たしか、風邪予防の観点でも「15分に一回程度お茶や水を飲む」ことは推奨されていたはず…

(↑これは「ホンマでっか!?TVで見た情報だった気がします。誰が言ってたのかは覚えていません)

胃液は強力なため、ウイルスがのどに滞留することさえ防げれば予防になるんだとか。

そのほか、水分不足はあらゆる不調を招くと言われてますよね。「水あんまり飲まない」「集中力を上げたい」という人はぜひ「20分に一回、一口でいいから水を飲む」をやってみませんか?私はやっていきます。

エアロバイクくらいの運動で単語が覚えやすくなる

余談ですが、「エアロバイクを漕ぎながら運動する」ことは第二言語の単語を良く覚えられたそうです。

激しすぎる運動は逆に覚えられなくなるそうなので、あくまでエアロバイクくらいの運動が良いとのこと。暗記などは身体感覚と結び付けながら覚えるのが効果的なようですね。

ということで、単純な暗記などしなくてはならないときはぜひ「エアロバイクとかウォーキングくらいの運動」をしながらやってみてください。※暗記した後に運動する/運動の後に記憶する、などとかはダメだそうです。あくまで「やりながら」だそう。

裸足に近い状態で20分くらい走る

水を飲むほかに、これもDaigo氏が動画内でしゃべっていたやつで「これはできる!」と思ったので取り入れてるやつです。

これはノースフロリダ大学の実験で、72名を対象にしたもの。全員を以下の2グループにわけて、15分のランニングをしてもらったんだそうな。

・裸足で走る
・シューズで走る

その後、全員に認知テストを行ったところ、裸足で走ったグループはワーキングメモリの能力が16%アップ!

https://yuchrszk.blogspot.com/2016/05/blog-post_89.html

ワーキングメモリはDaigo氏いわく「作業をするときの机の広さ」みたいなものだそう。何かを覚えたり処理したりするところの基礎となるものですね。

私は都内暮らしで裸足はちと無理があるし女なので無印の布パンプスみたいなのを履いて強めの強度の散歩をするようになりました。

(それまではランニングシューズを使っていました。あ、ベアフィットランニングというランニング方法があるんですね。専用のシューズも売ってますね)

頭が良くなるかどうかは自分ではわかりませんが、ウォーキングが楽しくなったことは間違いないカンジです。山登りをしたときの爽快感に近いものを感じます。何なんでしょうね、脳みそが喜んでいるかんじがします。

相方にはDaigo氏がおススメしていた地下足袋みたいな靴をいつかプレゼントしたいなと思っています。

私たちも英語化したいから頑張る

私たちの作っているコンテンツの一つに「いつかみ聖書解説」(人気マンガから聖書を解説するWEBサイト)というものがあります。

コンテンツそのものが「キリスト教に縁がない人」向けに作っているのですが、支援されないと存続できない&日本人キリスト教人口少なすぎて支えてもらうことは難しいので英語圏(クリスチャン多し)にもアピールできないかなぁと考えています。

事実「ノラガミ」「ハガレン」が好きな宣教師の女性とかと通話する機会にも恵まれ、「マンガと聖書の両方が好きな人種、確実にいる…!」と感じているので、そのへん英語化がんばりたいです。

私は英語が壊滅的に不得意なので、まずは語学学習の基礎を頑張って、相方にも手伝ってもらいながらGoogle翻訳なども活用しつつやってみたいです。

ということで裸足に近い状態で強めのウォーキングやりつつ、作業時は水を飲みながら頑張ります!